注目キーワード

複雑なイラストデータを簡単にTシャツの版下データに加工する方法

adobeのイラストレーターでイラストを使用したTシャツのデザインを作成していると、様々なオブジェクトが重なりあいとても複雑なデータになってしまいます。作成中はいいとしても、カラーバリエーションが見てみたい時などかなり大変になってしまいます。そこで今回は、どんなに複雑なデータでも、とても簡単にオブジェクトを単純化して色ごとにレイヤー分けする方法をご紹介します。

複雑なデザインを色ごとにレイヤー分けする手順

複雑なデザイン

今回データを加工するのはこのイラストです。黒ボディに水色と白を使ったイラストで、イラストの線はボディの色で表現しています。

アウトラインを確認

左が元画像、右がアウトライン画像です。ご覧の通り、たくさんのオブジェクトを重ねてデザインを表現しているのでかなり複雑な状況となっています。

①全ての線をアウトライン化する

まず全てのオブジェクトを選択(コマンド+A)し、「メニューバー→オブジェクト→パス→パスのアウトライン」を実行します。こうする事で全てのをアウトライン化する事が出来ます。

テキストデータが残っている場合は「フォントのアウトライン」を実行して下さい。

パスのアウトラインを実行
左:ビフォー 右:アフター

②パスファインダー「合流」で一発加工

パスファインダーの合流

全てのオブジェクトを選択(コマンド+A)した状態で、パレットの「パスファインダー→合流」をクリックします。すると見た目をキープしたまま、重なり合っていたオブジェクトが一発で簡略化されます。

③色数分のレイヤーを作成

色数分のレイヤーを作成

次に色ごとにレイヤー分けをしていきます。まず白・青・黒(ボディ)の3枚のレイヤーを作成しました。またわかりやすくするためにレイヤーをダブルクリックしてレイヤー名を変更しておきます。

④色ごとにレイヤーを分ける

ダイレクト選択ツールで色分けしたい色(今回は白)のオブジェクトを一箇所だけ選択し、「メニュー→選択→共通→共通のカラー(塗り)」を実行します。そうすると白のオブジェクトが全て選択されるので、レイヤーパネルの右端部分にある■を移動させたいレイヤーまでドラッグします。

選択カラーをクリック

選択カラーをクリック

ドラッグするとレイヤー間を移動する事が出来るので、白レイヤーにドロップできました。これで白いオブジェクトだけを白レイヤーに移動させる事が出来ました。同じ手順で青いオブジェクトも青レイヤーに移動させます。

⑤不要なパスを消去する

これで白と青のオブジェクトは各レイヤーへまとめる事が出来ましたが、パスファインダーによって生じた不要なパスがたくさん残っているのでこれを削除します。

まずはミスを防ぐため白レイヤーと青レイヤーをロックし、「オプションキー」を押しながら黒レイヤーをクリックします。

黒レイヤーを選択

これで白と青以外の全てのオブジェクトを選択している状態になるので、「deleteキー」を押して全て削除してしまいます。

不要な部分を削除

これでアートボード上は 白と青のオブジェクトだけとなりました。次に黒レイヤーを選択した状態で長方形ツールで黒背景を描きます。

黒背景を描く

これで完成です。

スクリーンショット 2016-07-25 12.37.08

プレビューでは見た目には全く変わりませんが、アウトラインを比べてみると一目瞭然です。複雑に重なっていたオブジェクトも綺麗に型抜きされたので、各レイヤーごとにオブジェクトを選択すれば簡単に色を変更する事が出来ます。

まとめ

入稿先によってはこの作業は必要ないかもしれませんが、簡単にカラーバリエーションを作成して確認する事が出来ます。またオブジェクトを簡略化することでデータ容量を抑えたり作業効率も格段にアップするので非常にオススメです。

NO IMAGE

各種グッズ製作承ります

CTR IMG