シルクスクリーン印刷とは?

Tシャツ

シルクスクリーン印刷とは?

更新日:

Tシャツプリントの中で主流の印刷方法がシルクスクリーン印刷です。この印刷方法は、Tシャツ以外でも身の回りのありとあらゆる物に使用されています。

しかしシルクスクリーン印刷にもメリット・デメリットがあり、状況に応じて使い分ける必要があります。それでは一体どのような場合にシルクスクリーン印刷が向いているのでしょうか?

シルクスクリーン印刷の特徴

印刷の仕組み

シルクスクリーン印刷の仕組み

シルクスクリーン印刷は、メッシュ状の版にインクが通過する部分と通過しない部分を作り印刷する「孔版画(こうはんが)」の一種です。昔は版の材料にシルク(絹)を使用していた事からシルクスクリーン印刷と呼ばれていますが、現在では改良が進みシルク(絹)ではなくナイロン等の合成繊維が一般的になっています。

メリット

耐久性が高い

色褪せに強く、洗濯への耐久性が非常に優れています。古着屋に行くとボディは劣化しているのにプリント部分だけ綺麗なまま残っているTシャツも良く見かけます。

インクの種類・色が豊富

ラバープリント/抜染プリント/フロッキープリント/箔プリント/ラメプリント/発泡プリントなど、インクの種類が多いのが特徴です。また色も自由度が高く、DICやPANTONEなどで指定した色を再現出来るのも強みになります。(※インクの種類による)

多色印刷が可能

1色ごとに1版必要になりますが、版を増やせば多色印刷も可能になります。ただ版を増やすごとに版代もかかるので、色数が多い場合はインクジェットなど版を必要としない印刷方法をお勧めします。

版は繰り返し使用可能

一度作成した版は保存が可能で、何度も繰り返して使用する事が出来ます。1年間保管可能な場合が多く、1年以内であれば追加費用なしでTシャツを製作する事が出来ます。(※保管期間は工場によって変わります)

枚数が多いほど単価が下がる

印刷する枚数が増えれば増えるほど1枚あたりの単価が下がるので、ロットがまとまっていると非常に安価で作る事が出来ます。

デメリット

1色ごとに版が必要になる

色数と同じ数の版が必要になるため、色数が多いデザインの印刷には不向きです。

表現方法に限りがある

基本的に単色プリントなのでフルカラーやグラデーションが使用されているデザインの印刷には不向きです。

枚数が少ないと単価が上がる

印刷枚数が1枚の場合でも版が必要になるため、枚数が少ない場合には不向きです。

印刷例

シルクプリントされたアーティストTシャツ

アパレル・バンドTシャツ・クラスTシャツ・学園祭Tシャツ等、様々なシーンで人気の印刷方法です。

シルクプリント印刷例

細かなデザインも印刷可能。(再現具合は印刷工場によって変わります)

発泡プリント

多種多様なインクを使用可能。(写真は発泡プリント)

まとめ

  • 印刷枚数が多く(30枚以上)、単価をおさえたい
  • 色数が少ない(3色以内)
  • 耐久性を重視したい

上記のような場合にはシルクスクリーン印刷をお勧めします。

-Tシャツ
-

Copyright© GOODSBASE(グッズベース) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.