Tシャツを着た女性

Tシャツ

国内外のおすすめ無地Tシャツブランド 18選

更新日:

ユニクロ・無印良品・GU・H&Mなどのファストファッションの流行で一般家庭にも浸透して来た無地Tシャツですが、実は昔から無地Tシャツ等の無地商品に特化した無地ブランドがあるのをご存知でしょうか?

無地Tシャツに特化しているだけあって高品質・低価格な無地商品が多く、ユニクロ等で買うよりもコスパが優れていることもあります。そこで今回はオリジナルTシャツ製作現場でよく使用される無地ブランドをご紹介します。

国外ブランド

今でこそ国内の無地ブランドが一般的となっていますが、元々無地Tシャツと言えば国外ブランドが主流でした。国外規格ということでサイズが大きいのが特徴です。

anvil(アンビル)

世界で一番売れている無地メーカーと言われているブランドです。中でもUSコットンを使用したヘビーウェイトTシャツが有名で、数多くのアパレルブランドがボディに使用しています。

GILDAN(ギルダン)

anvilに並ぶ知名度を持つ無地ブランドです。これぞアメリカンヘビーウェイトと言った質感のTシャツが人気で、世界中で愛用されています。

Hanes(ヘインズ)

「BEEFY-Tシャツ」という商品が爆発的に売れているブランドで、数多くのアパレルブランドが使用しています。ただ無地ブランドとしては価格が高く高級ブランドの位置づけになります。

Champion(チャンピオン)

アパレルのボディとして使用されることが多く、象徴的なロゴマークが刺繍されているのが特徴です。特にパーカーやトレーナーは古着好きに愛されビンテージの定番となっています。

FRUITS OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)

古着好きにも人気のUSの老舗ブランドです。海外のバンドTシャツに使用されることが多く、フルーツのイラストが書かれたロゴが有名です。

JERZEES(ジャージーズ)

スポーツウェアで有名な「RUSSELL ATHLETIC」社のプリント用ラインとしてスタートした無地ブランドです。

PRO CLUB(ポロクラブ)

L.A発の無地ブランド。特にストリートシーンで人気があり、オーバーサイズが好まれるヒップホップ系・B系ファッションでは定番となっています。

AMERICAN APPAREL(アメリカンアパレル)

日本にも代理店があり、アメアパと呼ばれファンが急増中のLA発の無地ブランドです。中でもファインジャージー素材の商品は着心地が非常に良く、無地Tマニアの間でも定評があります。

Alternative Apparel(オルタナティブ アパレル)

ハリウッドスターや有名モデル御用達のカリフォルニア発の無地ブランドです。日本では入手しづらく知名度も低いですが、一部マニアにはすでに人気のアイテムです。

Dickies(ディッキーズ)

ワークブランドとして世界中で愛されているワークウェアブランドです。日本でもスケーターやライブキッズに人気があり、特にハーフパンツは爆発的に売れています。

RED KAP(レッドキャップ)

日本での知名度は低いですが、アメリカではDickiesと並ぶシェアを誇る老舗ワークウェアブランドです。

国内ブランド

Printstar(プリントスター)

日本の無地Tシャツ代表と言えばこのブランドです。なかでも「5.6oz ヘビーウェイトTシャツ」は日本で一番売れている無地ボディとして有名です。

United Athle(ユナイテッドアスレ)

Printstarと並ぶ国内無地ブランドの老舗と言えばこのブランド。レディースライン・ミリタリーラインなど幅広いアイテムラインナップを続々と発表している勢いのある無地ブランドです。

DALUC(ダルク)

ベーシックな型のTシャツではなく、薄手で着心地の良い素材やスタイリッシュなシルエットにこだわった近年人気が上がって来ている無地ブランドです。

Touch and Go(タッチアンドゴー)

国内のプリント工場発の無地ブランドです。定番の型が多いものの、キッズサイズからメンズの7XLまで幅広いサイズ展開が人気です。

GLIMMER ACTIVE WEAR(グリマー アクティブ ウェア)

スポーツやダンスなどアクティブシーンをターゲットにした無地ブランドです。ユニフォームなどに最適な素材と品質で、ラインナップも豊富です。

TRUSS(トラス)

品質をシルエットを追求し、アパレルからスポーツウェアまで対応出来るラインナップを揃えた無地ブランドです。バンドTシャツやイベントTシャツよりも普段着として日常に溶け込みやすい印象です。

rucca(ルッカ)

ユナイテッドアスレのレディースラインとして登場した無地ブランドです。洗練されたスタイル・品質はもちろん、リーズナブルな価格帯でコストパフォーナンスは抜群です。

まとめ

今回紹介したのはほんの一部で、まだ他にも数多くの無地ブランドが存在します。普段着ている有名ブランドのTシャツも、実はどこかのボディを使用しているということが良くあります。最近ではネットで1枚から購入可能なので、ユニクロやGUで購入する前に一度ネットで調べてみましょう。思わぬ掘り出し物に出会うかもしれません。

-Tシャツ

Copyright© GOODSBASE(グッズベース) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.