GOODSBASE(グッズベース)

グッズ製作ガイド

マーブルラバーバンドの特徴・メリットデメリット

ラバーバンド

マーブルラバーバンド(ラババン)の特徴・メリット・デメリット

更新日:

ラバーバンド(通称:ラババン)の中で近年定番になりつつあるマーブルラバーバンド。異なる色を混ぜることで独特な印象のラバーバンドに仕上げることができライブキッズにも人気の加工方法です。

そこで今回はマーブルラバーバンドの特徴やメリット・デメリットについて解説しようと思います。

マーブルラバーバンドの特徴

マーブル柄のラバーバンド

マーブル(marble)とは英語で大理石やビー玉という意味があり、マーブルラバーバンドはその名の通り大理石やビー玉のような柄を多色で表現しています。

色同士をランダムに混ぜ合わせてランダムなグラデーションのマーブルが主流でしたが、最近では色同士の境界線をくっきりと表現する2トーンマーブルも増えてきました。

マーブルラバーバンドのメリット

カラフルなラババンを作れる

マーブル加工のラバーバンド

通常のラバーバンドに比べるとかなりカラフルな色味を表現することができます。色も自由に選べるのでカスタマイズ性もあり、プリントカラーとの組み合わせると無限に配色を作ることができます。

世界に一つだけのラバーバンドが作れる

マーブルラバーバンドの柄は完全にランダムで作られるため、性質上絶対に同じ柄になることはありません。

つまり同じデザインではありますが、世界にたった一つだけのラバーバンドを作ることができます。

マーブルラバーバンドのデメリット

同じ柄を再現することができない

メリットであげた通り同じ柄を作ることができません。これはメリットでもありますが、逆にいうともしお気に入りの柄のマーブルラバーバンドを紛失してしまったら、二度と同じ柄のラバーバンドを手に入れることができません。

同じ配色でも個体によってムラが出る

マーブルの色の混ざり方は完全いランダムなため、同じロット内でも混ざり具合が様々で色ムラが激しく出ることがあります。これは性質上避けられないため製作する前に理解しておきましょう。

色を混ぜすぎると汚くなる

好きな色を混ぜることが出来るため色数を増やしがちですが、色数が増えれば増えるほど結果的に色が汚くなってしまいます。綺麗なマーブルを表現したい場合は混ぜる色を2色か3色程度におさえましょう。

単価が上がる

マーブル加工はオプションなので通常価格に追加料金が発生します。ラバーバンドの製作費用に関しては「ラバーバンド(シリコンバンド)製作します」をご覧ください。

配色サンプル

2色(グラデーション)

白とピンクのマーブル加工

2色(2トーン)

2トーンマーブル

3色(グラデーション)

3色のマーブル

まとめ

マーブルラバーバンドは柄が完全ランダムなので思い通りの柄を再現することはできませんが、豊富なカラーバリエーションを作ることができます。

カラフルなラインナップにすることで物販席を華やかに彩ることが出来るので、ぜひバリエーションに加えてみてください。

☆ラバーバンドについてもっと知りたい方は「ラバーバンド(ラババン)とは?」をご覧ください☆

ラバーバンド
ラバーバンド(ラババン)とは?

続きを見る

☆激安・小ロット・短納期☆

ラバーバンド製作します

ラババン製作について詳しく見る

※業界最安値・実績多数※

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
GOODSBASE

GOODSBASE

GOODSBASE(グッズベース)はオリジナルグッズ製作(Tシャツやラバーバンド など)に関する情報をまとめたグッズ製作ガイドです。デザイナーが選ぶおすすめのグッズを単価・最小ロットなど気になる情報と合わせてご紹介します!

-ラバーバンド
-

Copyright© GOODSBASE(グッズベース) , 2019 All Rights Reserved.