Tシャツドロップシッピング

Tシャツ

1枚から作れる!在庫を持たずにオリジナルTシャツを売る方法

更新日:

GOODSBASEで製作しているTシャツの中で、アーティストTシャツの次に製作が多いのがイラストレーターやデザイナーなどのクリエイターのオリジナルTシャツです。クリエイターにとって自分の作品をプリントしたオリジナルTシャツは、営業ツールとしてはもちろん大事な収益源となります。

しかし、ファンの少ない駆け出しのクリエイターがTシャツを量産してしまうと在庫を抱えてしまうリスクが高く、製作に踏み切るにはある程度の覚悟が必要です。そこでオススメなのが「ドロップシッピング型」のTシャツ製作・販売サイトです。

ドロップシッピングの仕組み

ドロップシッピングの仕組み

ドロップシッピングサイトを利用したTシャツ製作・販売の流れは下記の通りです。

  1. クリエイターがTシャツのデザインを作成
  2. ドロップシッピングサイトでデザインを公開・販売開始
  3. クリエイターがウェブサイトやSNSで宣伝
  4. お客様がTシャツを購入
  5. ドロップシッピングサイトがTシャツを製作・発送
  6. 売上げに応じてクリエイターにロイヤリティ(手数料)が支払われる

このようにTシャツが売れるごとに製作するため在庫を抱える必要がありません。また商品はドロップシッピングサービス側が発送してくれるので、クリエイターがやることはデザインを作って宣伝するだけです。

しかもTシャツが売れるごとにロイヤリティが支払われるため、ノーリスクで収益を得ることが出来ます。しかし、ロイヤリティは10%〜20%程度の場合が多く、利益率は決して高くはありません。

おすすめのドロップシッピング型Tシャツ製作・販売サイト

Hoimi(ホイミ)

Hoimi(ホイミ)

Tシャツ専門のドロップシッピングサイトです。定期的にデザインコンテストを開催していて、クリエイターとして参加するのもオススメです。Tシャツ以外のラインナップは少ないですが、他では珍しいオリジナルデザインのゴルフボールを販売しています。

http://hoimi.jp/

T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ)

Tシャツトリニティ

Tシャツ専門のドロップシッピングサイトです。Tシャツに加えてパーカー・スウェット・トートバッグの商品化も可能です。Tシャツに特化しているだけあり、様々なデザインのTシャツが販売されていて、変わったTシャツを探している方にもオススメのサイトです。

https://www.ttrinity.jp/

DESIGN GARDEN(デザインガーデン)

デザインガーデン

Tシャツ専門のドロップシッピングサイトです。iPhoneケース・トートバッグなど若干ですが他のアイテムも販売しています。

http://designgarden.jp/

SKIYAKI GOODS(スキヤキグッズ)

スキヤキグッズ

UPSOLD.comというサービスが「SKIYAKI GOODS」としてリニューアルしました。Tシャツ以外にもスマホケース・トートバッグ・クッション等の雑貨も充実しています。

https://goods.skiyaki.tokyo/

ClubT(クラブティー)

クラブT

Tシャツ専門のドロップシッピングの中では老舗のサイトです。Tシャツ等のアパレル以外の雑貨もかなり充実していて、スマホケースのバリエーションは幅広いです。

https://clubt.jp/

まとめ

一時期に比べるとドロップシッピングというサービスが衰退していて残るサイトも少なくなりました。しかしクリエイターにとっては在庫リスクなしでオリジナルTシャツを製作出来るのはかなりのメリットです。

ロイヤリティだと利益率が良くないので、まずはこのようなドロップシッピングサイトでデザインの反応を見て、最低でも30枚は売れる手応えがあればシルクスクリーン印刷など単価を押さえて量産すると言った使い分けがオススメです。

-Tシャツ
-

Copyright© GOODSBASE(グッズベース) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.