変形加工のメリット・デメリット

ラバーバンド

変型ラバーバンド(シリコンバンド)のメリット・デメリット

投稿日:

人気バンドグッズのラバーバンド(シリコンバンド)の中でも最近バンドキッズに人気なのが変型加工(ダイカット)されたラバーバンド(シリコンバンド)です。

しかしこの変型ラバーバンド(シリコンバンド)にはメリットとデメリットがあり、場合によってはクレームに繋がる恐れもあります。そこで今回は変型ラバーバンドのメリット・デメリットをご紹介します。

変型加工(ダイカット)のメリット

デザインの幅が広がる

ラバーバンド(シリコンバンド)の定番サイズの中でもっとも幅広なのが24mm幅です。この24mmの中にロゴやデザインを上手く配置していくわけですが、どうしても限られた幅ではロゴが小さくなってしまい迫力がなくなってしまいます。そこで効果的なのが変型加工(ダイカット)です。

ノーマルと変型のラバーバンドの比較

上が24mm幅の加工範囲(20mm)いっぱいにロゴを配置したパターン、下が変型加工(ダイカット)によってロゴのサイズを24mm幅まで拡大し変型加工(ダイカット)によって枠を付け足したパターンです。たった4mmの差ですが、こうやって比べてみると違いは一目瞭然です。

 他のバンドに差をつける

変形加工されたシリコンバンド

変形加工(ダイカット)されたラバーバンド(シリコンバンド)はノーマルに比べると凝っている印象を与え、物販の全体の印象もがらっと変える事が出来ます。製作単価は上がってしまいますが、その分他のバンドに差をつける事が出来るでしょう。

ただ変形加工すれば良いのではなく、バンドのイメージにあったデザインにすることが大事です。

変型加工(ダイカット)のデメリット

装着時に切れやすい

複雑な変形加工のラバーバンド

変形加工(ダイカット)されたラバーバンド(シリコンバンド)は、装着時に変形部分に負荷がかかり非常に切れやすくなります。特に男性が着用する際は要注意です。また、変形部分のデザインが複雑であればあるほど切れやすくなります。しかしこれは不良品ではなく仕様のため、製作後の返品や交換は出来ないので注意が必要です。

収納しにくい

ライブキッズ達はたくさんのラバーバンド(シリコンバンド)をコレクションし、様々なラババン収納方法を開発しています。

アイデア勝負!キッズ達のラババン(ラバーバンド・シリコンバンド)収納方法

ノーマルタイプであれば綺麗に収納する事が出来るのですが、変形タイプが増えてくると上手く重ねる事が出来ず収納しにくくなるようです。とは言え、キッズ達は日々収納方法を開発しているのであまり気にしなくても良いかもしれません。

まとめ

変形加工(ダイカット)されたラバーバンド(シリコンバンド)で最もクレームが多いのはやはり装着時の破損です。変形具合によっては軽減出来るとは言え、それでもノーマルに比べると切れやすくなるのは間違いありません。ただそれでも人気のグッズであるのも事実なので、デメリットもしっかりと理解した上で製作しましょう。

-ラバーバンド
-

Copyright© GOODSBASE(グッズベース) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.